売上をアップする方法とは

売上をアップする方法について

昨今の食品偽装や大型チェーン店の安売り戦略などにより、個人の飲食店はおろか中小の飲食店チェーンですら存続が危ぶまれる状況にもなってきています。飲食店の運営を継続するためにはやはり「売上」が大切なことになります。
しかし単に「売上」といっても、この厳しい世の中ではそう簡単に売上は上がるものではありません。如何にして売上アップを図るか?立地や条件によっても、その方法は異なると思いますが、やはり考え方を変えなければ難しいようです。

売上をアップする方法と手段

売上を上げるために、新しい発想のヒントを探すために、他業態・業種を見てまわることは非常に有効な手段です。

売上をアップさせるために、一番ネックになってしまうのが「飲食店の常識」かもしれません。「飲食店の常識」に縛られてしまうことが、せっかくの売上アップのチャンスを逃してしまう可能性にもなります。

たしかに最低限の常識は必要です。しかし、常識の狭さなどを他業種・業態を見て学んでも、いざ売上アップとなると相変わらず「飲食店」という常識の殻に閉じこもりその結果、劇的な売上アップ!というわけにはいかなくなります。

いつまでも飲食店の常識というものに縛られていると、お客様の目から見れば、似たようなお店の集合体の中の1店に過ぎなくなり、その中に埋もれてしまっては、せっかく苦労して開業したお店の存在価値がなくなります。

繁盛店になるためには、その似たような飲食店の集合体の中でひときわ光るお店にならなければ、お客様はお金と時間を投資して、わざわざ足を運んではくれません。

ではどうすればよいのでしょうか?答えは「飲食店の常識」を捨てることから始めればよいのです。

愛知県の飲食店の約9割は個人の喫茶店といわれています。東京や大阪の首都圏と比べても、非常識な喫茶店の数です。愛知県の喫茶店はコーヒーだけ注文しても、必ずおつまみ的な何かが付いてきます。これは東京・大阪などの首都圏のお店では常識的ではありません。

それはそうです。
なにか一品付けるだけで原価が上がってしまいますからね!またそのおつまみも店によって異なっていて、ひとつとして同じおつまみを提供する喫茶店はありません。おつまみひとつで他店との差別化を図っていて、自分の店の特色(光るもの)を提供しようという現れだと思います。

個人的な考えですが、売上アップしたいという気持ちがあるのであれば、一度名古屋の喫茶店を見てまわってみてもよいのではないかと思います。とても参考になりますよ!

極端に言うと、飲食店の経営はすべての項目で平均点はいりません。「これはすごいのだが、あれはまったくダメ!」でもいいのです。逆にすべてが平均点であれば、お客様の目に留まることもなく、繁盛店の道を閉ざされてしまうかもしれません。
不得意な項目はあってよいのです。そのかわりになにかひとつでもよいので、「これだけは他の店には負けない!」というものがあればよいのです。それがあれば、お客さまは必ず目に留めてくれるはずです。もちろん不得意なことは、おいおい改善する必要がありますが。

喫茶店だから喫茶店らしくやる必要はないのです。喫茶店らしくやろうとするから、たくさんの中の1店になってしまうのです。
そうではなく、「私の考えている喫茶店はこうなんだ!」といった自己主張が大切なのです。
それはなんでもいいと思います。自分のお店なのですから、自分の好きなようにやればいいと思います。
それがそのままお店の個性になり、差別化が図れ、繁盛店につながるのですから!

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンで配信中

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンにて配信しています。売上アップの実践プロセスや客数アップに役立つ方法、利益アップに結びつく手段など飲食店経営者として少しでも役に立てればという思いでメールマガジンを配信しております。

メルマガ「儲かる飲食店の秘密」の購読はこちらから

powered byまぐまぐトップページへ