飲食店の短期アルバイトの対応

飲食店の短期アルバイトの対応

飲食店の人材不足は深刻です。人材不足が深刻なため、やむを得ず雇ってしまった短期アルバイト。短期アルバイトという「割り切り」だけで対応せず、店の利益となるような対応も必要となってきます。

飲食店の短期アルバイトの対応

どうしても、繁忙期を乗り切れない飲食店は、 やむを得ず短期アルバイトさんを雇ってしまいます。しかしこの短期アルバイトさん、雇ったはいいが、戦力にならない。使えるアルバイトさんは、ごくわずか・・・・・・・・。雇ったはいいが辞めさせるわけにはいかない。どうしようか〜〜とお思いの店長さんいませんか?

そんな時は割り切るしかありません。短期アルバイトさんを、ひとりの人間として接するか、ひとりのアルバイトとして接するか・・・・・・

前者のほうの対応策としては、

  • たとえ短期間でも、徹底的に仕事を教え込む。
  • 技術的なことは抜きにして、社会人としての心構えを教える。
など後々まで人財が残るような方法になります。

一方後者のほうの対応策としては

  • 強制的に辞めさせると後々問題になるので、勤務日数を徐々に減らし、自分から辞めると言わせるように仕向ける。
  • 別の条件のよい勤務先を紹介してしまう。
  • わざと冷たい態度を取る。
など、あまりおすすめできない、陰険な方法ばかりです。

どちらが良いか、聞くまでもありませんね。もちろん前者に良いに決まっています。前者の対応策であれば、

  • 次の長期休暇にも、勤務してくれる可能性が高い
  • たとえ次の長期休暇に勤務してくれなくても、お客様として来店してくださる可能性が高い
  • 社会人としてのマナーを教えれば、親からも感謝されて、家族ぐるみでお客様になってくれる可能性が高い
など様々なメリットが考えられます。

店長と呼ばれる方は、このメリットをわかっているとは思いますが、短期アルバイトのリターン率が非常によくないのが現実です。なぜならば、知らず知らずのうちに、後者の態度を取っている可能性があるからだと考えられます。

店長も1人の人間です。苦手な人もいれば、好感の持てる人もいると思います。しかし苦手な人だからといって、それなりの態度をしていては、店長失格と言わざるを得ません。

店長として、自分の好みはあると思いますが、その感情を押し殺して「店長」という役を演じなければならないのです。それが「店長」というものなのです。

仮に短期のアルバイトとはいえ、期間が短いと割り切ってずさんな対応をしていると、同じ苦しみをまた味わうはめになるのです。人がいつまでたってもいないという「苦しみ」を!

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンで配信中

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンにて配信しています。売上アップの実践プロセスや客数アップに役立つ方法、利益アップに結びつく手段など飲食店経営者として少しでも役に立てればという思いでメールマガジンを配信しております。

メルマガ「儲かる飲食店の秘密」の購読はこちらから

powered byまぐまぐトップページへ