飲食店のエアコンメンテナンス

飲食店のエアコンメンテナンス

飲食店の経営において、快適な空間を演出することは非常に大切なことです。快適な空間を作るうえで非常に大切なツールがエアコン。業者任せでエアコンのメンテナンスはチンプンカンプン?ということではせっかくの利益も台無しです。

飲食店のエアコンメンテナンスについて

1年間を通して必要なものですが、特に夏になると欠かせないものがエアコンです。

今からお伝えする内容は、私が担当していたお店の話です。
そのお店は、エアコンが厨房に1台・ホールに2台設置されていました。夏場に、その店に訪問させていただくと、決まって暑いのです。夏場に暑い飲食店・・・・・いくら冷たいものをメニューに揃えても、 店内が暑くてはお客様は、お店でくつろぐこともできません。決まってお客様は、手をパタパタしているわけです。

そして厨房。もちろん火を使っているため、灼熱地獄です。室温を計ると、w(☆o◎)wガーンな・な・なんと50℃!!!!

そこで店長に一言。
「なんでこんなに暑いの?」
すると店長
「エアコンの調子が悪いんですよ!」
「エアコンのフィルターは掃除しているんですが・・・」

そこで私はエアコンのフィルターを外し、エアコン内部を拝見すると、たしかにフィルターはきれいに掃除されていました。けれども内部がホコリだらけで、汚くなっているではありませんか。

またまた店長に一言。
「なんでこんなになるまで、放っておいていたのですか?」
すると店長
「・・・・・・・・・・・」

後で事情を聞いたところ、エアコンをあまり動かさない春・秋のシーズンは、ほとんどエアコンのフィルターの掃除はしていなかったそうです。

結局、エアコンクリーニング業者に頼み、内部洗浄をし、クリーニング費用は2万円×3台=6万円になったそうです。それも知り合いの業者だったため、値切っての金額です。

エアコンは、内部にカビやホコリがたまりやすいです。エアコンの内部にカビやホコリがたまると、熱効率が低下して消費電力が増えてしまいます。その結果、電気代のアップにつながってしまいます。逆に言えば、エアコンをキレイにして使うと、省エネになります。

さらにエアコンをお掃除されないまま使いつづけるとモーター等に負担がかかり、エアコンの寿命を大幅に縮めたり、故障の原因にもなります。

ちなみにそのお店の電気代を調べたところ、洗浄前と後では、電気代が1万円近く違いました。

今では内部が汚れにくい高性能のエアコンも販売されていますが、それでも内部は汚れてしまいます。エアコンクリーニングを推奨しているわけではありません。私が言いたいのは、飲食店ではほぼ1年中エアコンは動いています。ということは1年中、カビやホコリを吸い続けているのです。

フィルターを、最低でも1週間に2回、もしくは余裕があれば毎日洗浄することをお薦めします。特に粉や油を原材料に使う業種のお店は、特に注意が必要です。粉は空気中に舞い、油は気化してエアコンが吸い込んでしまいます。あっという間にエアコンは汚れてしまいます。

もしエアコンの吹き出し口からイヤなニオイがしたら要チェックです。それはエアコンの内部で、カビなどが繁殖している可能性があるからです。

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンで配信中

飲食店経営に役立つ情報をメールマガジンにて配信しています。売上アップの実践プロセスや客数アップに役立つ方法、利益アップに結びつく手段など飲食店経営者として少しでも役に立てればという思いでメールマガジンを配信しております。

メルマガ「儲かる飲食店の秘密」の購読はこちらから

powered byまぐまぐトップページへ