飲食店売上・客数・利益アップ!飲食店成功経営方法!

更新情報

当サイトの更新情報はRSSフィードでも配信しています。

飲食店経営に不可欠なものは

飲食店経営の基本飲食店経営の基本は古くからQSCという言葉で表すことができます。QSCとは「品質(Quality)」「サービス(Service)」「清潔感(Cleanliness)」の略で、店舗イメージを通じた飲食店経営の必要最低条件です。

いまや外食市場は競争が激しくなっています。メニューや価格はもちろん大事ですが、競合店に負けないために、QSCに重点を置いていく必要があります。

第一に「品質」は店舗イメージを決定付ける最も基礎的な視点です。例えばお弁当チェーン店ならば、お客様の求める食の安全・健康・本物志向に応える必要があります。原材料の仕入先チェックも定期的に行うことが必要です。
また、例えば食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌は 化膿した傷口に繁殖しやすいというようなことは、飲食店経営者として当然知っていて管理しておかねばならないことです。
つまり、商品の品質とは、素材や味付けだけではなく、従業員の怪我の有無や手洗いの励行、材料の保存方法、陳列ケースの温度管理など、製造過程と連動した管理が必要ということです。

第2に「サービス」ですが、飲食店のサービスは店舗イメージによるお客様のリピーター化、つまり「また来たいね、このお店」と思わせる上で欠かすことのできない項目です。
お客様の好印象を得るための最大のポイントは従業員の接客態度。例えば、あるスーパーではレジで必ず両手を胸の下に揃えてお辞儀をしてお客様をお迎えするマニュアルを徹底しています。また、買わないお客様でも笑顔でお迎えする接客姿勢が大切です。
たとえマニュアルに書いていないことであっても、ご自身でされてみて気持ちのよいサービスは積極的に取り入れるそんな前向きな姿勢が大切になってきます。

第三に「清潔感」ですが、お客様の第一印象を決定付け好感を勝ち取るための、いわば入口の飲食店店舗イメージ要素がこれです。ということは逆に飲食店に「清潔感」が感じられないと、どんなに品質やサービスがよくても、お客様に入口で敬遠されてしまうかもしれないということです。

このように飲食店経営の基本と呼ばれる3要素は、どれをとっても欠くことのできない要素となっていて、この3つの要素がうまく噛みあうことによって、飲食店の経営が安定化していくものとなります。